歯周病とインプラント周囲炎の基礎知識!歯周病のリスク

インプラントにもデメリットがある?歯周病とそのリスクについて

歯周病とインプラント周囲炎の基礎知識!歯周病のリスク

ウーマン

健康的な状態と歯肉炎の症状

健康的な歯茎というのは、綺麗なピンク色で引き締まっている状態のことをいいます。一方、歯周病の一歩手前の症状である歯肉炎は、歯茎が赤く腫れて出血を伴ないます。例えば、歯磨きをしていて出血するという方は、この歯肉炎に該当するでしょう。歯肉炎の時点では、それほど治療に時間がかかりません。その為、歯肉炎かもしれないと思った方は名古屋駅や堺市にある治療院で治療を受けるようにしましょう。

歯

歯周病の特徴と進行

さらに、歯肉炎が進行すると歯周病に移行し、歯を支えている顎の骨が溶けていきます。そうなると、歯の支えが無くなることで歯がぐらついたり、場合によっては悪性の膿が出てくることもあるのです。そして、最終的には抜歯する他なくなり、歯を失うことになります。しかし、あくまでも抜歯は最終的な手段ですから、歯周病の症状が確認された場合には、専門医院にて治療を受けることをオススメします。

歯

インプラントも歯周炎になる!

一見、歯周病と聞くと、天然歯だけの症状に思いがちですが、インプラントをされている歯も注意が必要です。確かに、インプラントはチタンとセラミックで作られているので、虫歯になることはありません。ですが、インプラントの周りには歯茎があり、歯石や歯垢によってインプラント周囲炎になることも多いです。このインプラント周囲炎にならないためには、定期的なメンテナンスと毎日の歯磨きが大切です。インプラント治療を予定されている方、あるいは既にインプラントをされている方は綺麗な歯を保てるように、セルフケアを心掛けましょう。

天然歯とインプラントのリスク

天然歯のリスク

天然歯には、骨との間に歯根膜と呼ばれる組織があり、その膜から血液供給がされています。その為、天然歯の場合には、血液から栄養をもらっているため、病気への抵抗力は高いです。

インプラント

一方、インプラントには歯根膜が存在せず、骨と直接繋がっています。その為、抵抗力や免疫力が低く、細菌に感染しやすいです。つまり、天然歯よりも歯周病のリスクは高いです。

広告募集中